「3000枚撮っても納得できる写真は3枚」ラグビーカメラマンが撮り逃したくない瞬間

“熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方をアップしました。
「3000枚撮っても納得できる写真は3枚」ラグビーカメラマンが撮り逃したくない瞬間

―私は中学、高校とラグビー部のない学校に通っていましたので、それまで一切見たこともなく、たぶんそれまでの18年間でラグビーという言葉を口にしたことがないくらいラグビーには縁のない生活を送っていました。
それが大学で「スポーツ新聞部」に入ったときに「アメフトかラグビーのどちらかを選んで」と言われたので、なんとなく「じゃあ、ラグビーで」と答えたことがこの世界に入るきっかけになりました。―

今回はラグビーにすっかり魅せられ、一年のほとんどの時間をラグビーの撮影に費やすというフォトグラファー・松本かおりさんにラグビーの魅力について語っていただきました。


“熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方
◇「3000枚撮っても納得できる写真は3枚」ラグビーカメラマンが撮り逃したくない瞬間
松本かおりさん(フォトグラファー)インタビュー

ご一読いただければ幸いです。

大元よしき

WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニィティ)
『 “熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方 』のバックナンバーはこちら。


画像


画像


画像