“熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方~ラグビー第1回W杯日本代表主将が痛感した強豪国との差

2018年11月15日にスタートした『 “熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方 』

第2弾は1987年第1回W杯に日本代表キャプテンとして臨んだ林敏之さんにお話を聞きました。
林さんは『壊し屋』という物騒な異名を持つ一方、グラウンドを離れれば『ダイマル』と呼ばれ武骨で大らかな人柄が愛されました。
日本代表を13年間務め、神戸製鋼の日本選手権7連覇に貢献。英国オックスフォード大学留学時にはケンブリッジ大との伝統の定期戦バーシティマッチに出場し、ブルーの称号を獲得。さらにオックスフォード大学歴代ベスト15にもイギリス出身者以外で唯一選出されるなど選手時代は数々の栄光に彩られています。

“熱視線”ラグビーW杯2019の楽しみ方
◇ラグビー第1回W杯日本代表主将が痛感した強豪国との差
林敏之さん(第1回W杯キャプテン)インタビュー

ご一読いただければ幸いに存じます。

大元よしき

WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニィティ)


画像


画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント